もしもがいたら・・・のコーナー

今や日本中の子どもたちから注文殺到中の未来型猫型ロボット、ドラえもん。 しかし実物が手に入ることはまずなく、あのアドルフ・ヒットラーも実は第三帝国よりも ドラえもんのほうが欲しかったというのは有名な話。
というわけで、もしがいたらどうする? という質問を100人の子どもにしてみました。



Q.もし、ドラえもんがいたらどうしますか?

A.1      (問題点等を)指摘する        45人
・道具の使い方に発展性がない、と指摘してやりたい。(小6 男)
・ひげが気に食わないから。(年長 女)
・あなたの道具が、宗教性を帯び、またそれに伴って権力が発生する可能があるよ、そうすると怖いよと教えてあげたい。(小4 男)

A.2      ほめる        44人
・あれだけの膨大な量の道具を間違えずに使えてすごい。(大2 男)
・ひげが気に食わないから。(年中 女)
・どら焼き好きに悪い人はいないから。(小1 女)

A.3      送り返す        27.25人
・うまく付き合う自信がない。(小3 女)
・なんだかんだでおいしいところを持っていきそうだから。(無職 女)
・どちらかといえばキテレツ斎様のほうがいい(または役に立ちそう)。(高4 男)

A.4      その他(少数意見)       
・蹴る ・かじる ・利用する ・選挙で出口調査させる ・かくまう  ・未来の話を聞く ・インドネシアの国旗を見ないで書けるようにする ・「東京ドーム○個分」という表現をいい加減やめさせる  ・タイムマシーンで昔の自分に会う

おしまい

コメントを書く

名前:

コメント(500文字まで):