いいともに出演した時に備える研究会とのスペシャルコラボ企画

笑っていいとも出演時のマナー

いつ出演依頼がきても落ち着いて対応できる。それが大人のマナーです。

笑っていいとものテレフォンショッキングはとても格式のある番組であることは、いまさら説明するまでもありませんが、突然の出演依頼が来たときに満足に対応できる方はほとんどいません。そこで今回は、こそあど大学 いいともに出演したときに備える研究会の協力のもと、いいとも出演時のマナーをまとめさせていただきました。これをしっかり読んで置けば、いざというときに困ることはありません。なお、ここに書いてあることは「タモリ倶楽部」には通じませんので、混同しないように注意しましょう。

出演依頼 〜それは突然やってくる

その日の出演者があなたをお友達として紹介するとき、その電話はやってきます。突然のことでもあわてることなく落ち着いて話すようにしましょう。最後に「いいとも!」と答えるのが常套句ですが、このときなるべく戸惑い気味に言うのが望ましいでしょう。待ってましたとばかりに声を張り上げるとお調子者と思われかねません。

出演準備 〜ここでの判断が勝負を決める

いいともの出演が決まりましたら、早速タモリさんへのお土産を用意しましょう。基本的になんでも大丈夫ですが、カツラなどは控えた方が良いでしょう。また、貼ってもらうポスターも忘れずに用意しましょう。 次に友人、知人に花輪、祝電をお願いしましょう。文面は必ず最初にいいともご出演おめでとうございます、とこなければなりません。どうしても花輪を出してくれる人が見つからない場合は、自分で出しても構いません。

いよいよ本番 〜緊張しすぎず自然体で

出演当日はタモリさんの紹介とともに入場となりますが生放送という都合上、時間は多少前後します。必ずトイレはすましておくようにしましょう。本番中はあまり余計なことを言わず、タモリさんのペースに合わせるのが無難です。

10分ほど喋った後、タモリさんが「それじゃ一旦CMです」と言ってCMに入ります。ここで初めて自分の言いたいことを言いましょう。なるべく盛り上がる話題を選び、笑っている途中で再び本番になれば言うことありません。

一番難しいのがその後の100人に1人アンケートです。あまりに的外れなことを聞いてもしらけますし、かといっていきなり1人を当ててしまえば図々しいやつだと思われかねません。ベストは惜しい数字を出した後に、タモリさんが身を乗り出して「それじゃ○○な人」と、追加質問をするパターンです。

お友達紹介 〜最後までぬかりなく

テレフォンショッキングの最後は、次のお友達紹介です。タモリさんが「お友達の紹介を」と言うと、お客さんがええーと言います。これは演出ですので必ず流すようにしてください。紹介するお友達は分別を備えた方が望ましいのはもちろん、当日アルタの場所を知っている方が絶対条件です。あまりよくないお友達の紹介は、Mステのときの愚痴の種になってしまいます。

質問コーナー

Q.いいとも青年隊、少女隊にはいくらぐらい包めばいいの?
タモリさんのアシスタントを行う彼らには、いくらか包むのが礼儀となっています。通常は2万5千円程度でいいでしょう。
Q.出演依頼の電話がかかってきたとき、違う番組を観ているのはまずい?
一般的に出演依頼の電話を受けるときに、いいともを観ていないのは失礼にあたると言われています。しかし最近は他局の話題もそれほど嫌がられませんので、おもいっきりイイテレビを観ていても、特に失礼には当たりません。どうしても気になる方は、「移動中で・・・」と適当に誤魔化しましょう。

コメントを書く

名前:

コメント(500文字まで):