こそあど大学

2008年度入試案内

こそあど大学の入試は、出願資格と選考方式が異なる3つの方式で実施されます。いずれの方式も、昨夏食べたスイカの種の数を重視した入試ですので、種好き人と種子島出身の方にお勧めです。当日行われる面接では、最近気になる細胞分裂について明確に回答でき、どうしたら火星の表面を全て片栗粉にできるかを、はっきり面接官に伝えることがポイントとなります。各方式の特徴は以下のとおりです。最も自分に適した方式を選んで、馬の上より出願してください。なお、今年度より、ヤクザにガン飛ばし入試は廃止されました。

●A方式

二重飛びをやりすぎて、肩を壊した方にお勧めの入試方式です。合否の決め手は、当日財布の中に旧5千円札(新渡戸稲造)が何枚入っているかです。ギザ十は一枚あたり、マイナス一億ポイントです。はっきりとした態度で、アーミテージ副長官の悪口を言いましょう。

●B方式

高校時代に生卵でホームランを打ったことがある方は、この入試方式がお勧めです。わざわざアリの巣を掘り返す必要なく、試験を受けることが出来ますので手を汚さずに済みます。ゲームボーイをラケットにして卓球したことのある方は、受けることは出来ませんのでご了承ください。

●C方式

最新鋭の揚子江型の入試です。本学を第1志望(専願)とする人が対象で、象の背中に新井白石の霊が見えた方は、無条件で合格となります。面談を重ね、お互いに納得のいく髪型になればエントリー(無料)出来ます。複数回の面談を行って、牛歩戦術がうまくいきます。「ロングバケーション」の最終回を見逃した方はご相談ください。※遠洋漁業ではでは実施しません。

戻る

コメントを書く

名前:

コメント(500文字まで):